Sojiro’s Blog

This is nothing much.

Ruby on Railsで初めてアプリを作ってみる #4 -リソースの生成-

Ruby on Railsで初めてアプリを作ってみる #3 -scaffoldジェネレータ-scaffold コマンドを使ったリソースの生成を行ったが、このコマンドでは決められた形式でのリソースの生成にしか対応できないため、手動で自由にリソースを作成してみる。

rails generate model

まずはモデルを作成する。railsの規約に従って、モデルは単数系、最初の文字を大文字で始める。

1
$ rails generate model Stock title:string

このコマンドで generateg と省略できる。また、要素の属性はデフォルトが string なので、 string も省略することができる。

省略したコマンドが以下。

1
$ rails g model Stock title

このコマンドでmodelに加えてmigrateファイルが生成されるのでDBをmigrateする。

1
$ bundle exec rake db:migrate

rails db

作成したmodelを確認するため、現在使用しているDBのクライアントを立ち上げてみる。

1
2
3
4
5
6
7
$ rails db
sqlite> .schema
CREATE TABLE "schema_migrations" ("version" varchar(255) NOT NULL);
CREATE UNIQUE INDEX "unique_schema_migrations" ON "schema_migrations" ("version");
CREATE TABLE "users" ("id" INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL, "name" varchar(255), "email" varchar(255), "created_at" datetime, "updated_at" datetime);
CREATE TABLE "microposts" ("id" INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL, "content" varchar(255), "user_id" integer, "created_at" datetime, "updated_at" datetime);
CREATE TABLE "stocks" ("id" INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL, "title" varchar(255), "created_at" datetime, "updated_at" datetime);

sqliteのクライアントが立ち上がったら .schema コマンドでこれまで作成されてきたテーブルが確認できる。 idcreated_atupdated_at はrailsが自動で生成する

ちなみにsqliteクライアントから抜けるには .exit とする。 . が付くことに注意。

rails console

railsが用意しているconsoleを立ち上げてリソースを追加したり、確認したりすることもできる。

Stockオブジェクトを生成して保存する

1
2
3
4
5
6
7
8
$ rails console
2.0.0-p594 :001 > s = Stock.new(title: "stock1")
=> #<Stock id: nil, title: "stock1", created_at: nil, updated_at: nil> 
2.0.0-p594 :002 > s.save
  (0.1ms)  begin transaction
 SQL (2.1ms)  INSERT INTO "stocks" ("created_at", "title", "updated_at") VALUES (?, ?, ?)  [["created_at", Sat, 15 Nov 2014 15:02:39 UTC +00:00], ["title", "stock1"], ["updated_at", Sat, 15 Nov 2014 15:02:39 UTC +00:00]]
  (4.9ms)  commit transaction
=> true

作られたオブジェクトを確認

1
2
2.0.0-p594 :003 > s
=> #<Stock id: 1, title: "stock1", created_at: "2014-11-15 15:02:39", updated_at: "2014-11-15 15:02:39"> 

newsave を一括で行ってくれるコマンドが create

1
2
3
4
5
2.0.0-p594 :004 > Stock.create(title: "stock2")
  (0.1ms)  begin transaction
 SQL (0.3ms)  INSERT INTO "stocks" ("created_at", "title", "updated_at") VALUES (?, ?, ?)  [["created_at", Sat, 15 Nov 2014 15:03:44 UTC +00:00], ["title", "stock2"], ["updated_at", Sat, 15 Nov 2014 15:03:44 UTC +00:00]]
  (5.8ms)  commit transaction
=> #<Stock id: 2, title: "stock2", created_at: "2014-11-15 15:03:44", updated_at: "2014-11-15 15:03:44"> 

作られたオブジェクト全てを確認

1
2
3
4
2.0.0-p594 :005 > Stock.all
 Stock Load (0.2ms)  SELECT "stocks".* FROM "stocks"
=> #<ActiveRecord::Relation [#<Stock id: 1, title: "stock1", created_at: "2014-11-15 15:02:39", updated_at: "2014-11-15 15:02:39">, #<Stock id: 2, title: "stock2", created_at: "2014-11-15 15:03:44", updated_at: "2014-11-15 15:03:44">]> 
2.0.0-p594 :006 > quit

最後にもう一度 rails db で直接確認する

1
2
3
4
5
6
7
[sojiro@ip-172-31-2-112 demo_app]$ rails db
SQLite version 3.7.17 2013-05-20 00:56:22
Enter ".help" for instructions
Enter SQL statements terminated with a ";"
sqlite> select * from stocks;
1|stock1|2014-11-15 15:02:39.781183|2014-11-15 15:02:39.781183
2|stock2|2014-11-15 15:03:44.294543|2014-11-15 15:03:44.294543

参照

ドットインストール

Comments