Sojiro’s Blog

This is nothing much.

Screenを使ってみる

デタッチ/アタッチという強力な機能をもった仮想端末管理アプリケーションであるscreenを使ってみた。

screenの設定ファイルを編集する

screenの操作に使うほとんどのコマンドはプレフィックスを用いる。 このプレフィクスがデフォルトでは ctrl + a のため、Shellの行頭移動と被ってしまうので設定を編集する。

ついでに色々編集してみた。( ctrl +^ で表す)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
escape ^j^j
startup_message off
defkanji utf-8
defencoding utf-8
encoding utf-8 utf-8
caption always "%{= wb} %-w%{=bu dr}%n %t%{-}%+w %= %{=b wk} [%l] %{=b wb}%y/%m/%d(%D) %{=b wm}%c"
autodetach on
bell_msg "^G"
defscrollback 10000
vbell off
bind n screen
bind h prev
bind j next
bind l windowlist
  • escape
    • escape keyの設定(ここでは ^j をescape keyとして登録)
  • startup_message
    • 起動時に表示されるメッセージをoff
  • encoding関連の設定
  • caption
    • 画面下部に表示されるcaptionの設定
  • autodetach
    • 起動時に自動でデタッチ(後述)
  • bell_msg
    • バックグラウンドで出力されたベル文字をscreenに出力する( ^G はベル文字に置換される)
  • defscrollback
    • スクロールバックバッファの行数を設定
  • vbell
    • 可視ベルの設定
  • windowlist
    • 全ウィンドウをリスト表示し、使用するウィンドウを選択できるようにする

screenを立ち上げてみる

1
$ screen

名前を付けて立ち上げる

1
$ screen -t test

ウィンドウが複数立ち上がると用途に合わせて移動が必要になる。上記 .screenrc の設定がなされた状態で以下のように移動できる。

1
2
3
4
$ ^j + [number]  # [number]に指定した番号のウィンドウに移動
$ ^j + h         # 1つ前のウィンドウに移動
$ ^j + j         # 1つ後のウィンドウに移動
$ ^j + l         # 表示されるウィンドウリストから移動先のウィンドウを選択

ウィンドウの分割

ウィンドウを上下に分割する(縦方向の分割はscreenのバージョンを変えないといけないようなので割愛)

1
$ ^j + S

分割された領域間の移動

1
$ ^j + [tab]

領域の破棄

1
2
$ ^j + X  # 現在の領域を破棄
$ ^j + Q  # 現在の領域以外の全ての領域を破棄

デタッチとアタッチ

  • デタッチ(detach)
    • screen上での作業をセッションという形で保存しておくこと
  • アタッチ(attach)
    • デタッチによって保存されたセッションから作業に復帰すること

デタッチする

1
$ ^j + d

セッションを確認する

1
2
3
4
$ screen -ls
There is a screen on:
    72181.ttys010.your-pc   (Detached)
1 Socket in /var/folders/56/dlftkv4d4191qwj6r_gxs_shmspdv_/T/.screen.

アタッチ

1
2
$ screen -r [session_number | session_name]
# 上の例では 72181 もしくは ttys010 を指定する

参照

Comments