Sojiro’s Blog

This is nothing much.

初めてのMongoDB

NoSQLの流れを汲むMongoDBを初めて使ってみるにあたり、基本的な操作をまとめてみる。

基本的な用語

  • データベース(database)
  • コレクション(collection)
  • ドキュメント(document)

データベース

MySQLなどのRDBMSにおけるデータベース、という言葉とほぼ同じ意味として使われる。 データ管理の大元となる単位。

コレクション

RDBMSにおけるテーブル(table)に相当するもの。 MongoDBはスキーマレスなので、テーブルのように厳格なスキーマが決まっている訳ではなく、特定の対象に対するデータの集まり(正にコレクション)と言える。

ドキュメント

RDBMSにおけるレコード(record)に相当するもの。 各コレクションを構成する要素であり、BSONと呼ばれるJSONライクな形式で記述される。

MongoDBの起動

MongoDBの起動、停止には service mongod コマンドを使う

1
2
3
4
5
6
$ sudo service mongod status
mongod is stopped
$ sudo service mongod start
Starting mongod:                                           [  OK  ]
$ sudo service mongod status
mongod (pid xxxx) is running...

停止させる時には以下のようにする

1
2
3
4
$ sudo service mongod stop
Stopping mongod:                                           [  OK  ]
$ sudo service mongod status
mongod is stopped

DBの作成と選択

MongoDBを起動したら、早速コンソールを立ち上げて操作してみる。

1
2
3
4
$ mongo testdb
MongoDB shell version: 2.6.6
connecting to: testdb
>

mongo の後にDB名を指定してコンソールに入る。 このとき、存在しないDB名を指定すると新規でDBが作られる。

1
2
3
4
5
> show dbs;
admin   (empty)
local   0.078GB
mydb    0.078GB
testdb  (empty)

上記コマンドで既存のDBを確認することができる。 testdb は新規で作成された。

使用するDBを変更するときは以下のようにする。今回は既に作ってある mydb を使うことにする。

1
2
> use mydb
switched to db mydb

これで mydb に操作対象が移った

コレクションの操作

コレクションの確認

まず対象DBに存在するコレクションを確認してみる

1
2
3
> show collections;
system.indexes
users

いま system.indexesusers というコレクションが存在することがわかる。

system.indexes は各DBのインデックス情報を管理するコレクションで、各DBにそれぞれ1つ作成されるもの

コレクションの作成

次に新たにコレクションを作成してみる

1
2
3
4
5
6
> db.createCollection('items');
{ "ok" : 1 }
> show collections;
items
system.indexes
users

items という新たなコレクションが作成された

コレクションの名前の変更

items コレクションの名前を weapons に変更する

1
2
3
4
5
6
> db.items.renameCollection('weapons');
{ "ok" : 1 }
> show collections;
system.indexes
users
weapons

コレクションの名前が変わったことが確認できる

コレクションの削除

weapons コレクションを削除する

1
2
3
4
5
> db.weapons.drop();
true
> show collections;
system.indexes
users

weapons コレクションが削除された

ドキュメントの操作

ドキュメントの検索(find)

コレクションの操作の次はドキュメントの操作について見ていく。 ドキュメントの検索には find メソッドを使う

1
2
3
4
5
> db.users.find();
{ "_id" : ObjectId("54a3fd93ce8a5464641af4eb"), "name" : "sojiro", "score" : 10 }
{ "_id" : ObjectId("54a3fee1ce8a5464641af4ec"), "name" : "sojiro_1", "score" : 20 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ed"), "name" : "sojiro_2", "score" : 67 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ee"), "name" : "sojiro_3", "score" : 51 }

対象のコレクションを指定して find を引数無しで実行すると全件検索となる

条件を指定して検索

{key:value} を指定して検索も可能

1
2
> db.users.find({name:"sojiro"});
{ "_id" : ObjectId("54a3fd93ce8a5464641af4eb"), "name" : "sojiro", "score" : 10 }

{key:value} の指定には正規表現を用いることもできる

1
2
3
> db.users.find({name:/sojiro_[12]/});
{ "_id" : ObjectId("54a3fee1ce8a5464641af4ec"), "name" : "sojiro_1", "score" : 20 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ed"), "name" : "sojiro_2", "score" : 67 }

ANDとOR

検索で複数の条件を組み合わせるには $and$or を使う

1
2
3
4
5
6
7
> db.users.find({
    $and: [
        {name:/sojiro_[12]/},
        {score: {$lt: 60}},
    ]
});
{ "_id" : ObjectId("54a3fee1ce8a5464641af4ec"), "name" : "sojiro_1", "score" : 20 }

ここで $lt は「〜より小さい」を表す演算子

1
2
3
4
5
6
7
8
9
> db.users.find({
    $or: [
        {name:/sojiro_[12]/},
        {score: {$gt: 50}},
    ]
});
{ "_id" : ObjectId("54a3fee1ce8a5464641af4ec"), "name" : "sojiro_1", "score" : 20 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ed"), "name" : "sojiro_2", "score" : 67 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ee"), "name" : "sojiro_3", "score" : 51 }

ここで $gt は「〜より大きい」を表す演算子

検索結果の限定

検索結果に特定のkeyだけを指定したい場合や、 _id を非表示にしたい場合がある

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
> db.users.find({}, {name:1});
{ "_id" : ObjectId("54a3fd93ce8a5464641af4eb"), "name" : "sojiro" }
{ "_id" : ObjectId("54a3fee1ce8a5464641af4ec"), "name" : "sojiro_1" }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ed"), "name" : "sojiro_2" }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ee"), "name" : "sojiro_3" }
> db.users.find({}, {name:0});
{ "_id" : ObjectId("54a3fd93ce8a5464641af4eb"), "score" : 10 }
{ "_id" : ObjectId("54a3fee1ce8a5464641af4ec"), "score" : 20 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ed"), "score" : 67 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ee"), "score" : 51 }

find() の第二引数にkeyの表示、非表示を設定することができる

1
> db.users.find({}, {name:1, score:1});

のように複数のkeyに対して表示非表示の設定ができるが、

1
2
3
4
5
> db.users.find({}, {name:1, score:0});
error: {
  "$err" : "Can't canonicalize query: BadValue Projection cannot have a mix of inclusion and exclusion.",
  "code" : 17287
}

key毎に表示非表示を別々に設定しようとすると怒られる

ただし、 _id だけは例外である

1
2
3
4
5
> db.users.find({}, {name:1, _id:0});
{ "name" : "sojiro" }
{ "name" : "sojiro_1" }
{ "name" : "sojiro_2" }
{ "name" : "sojiro_3" }

ドキュメントの挿入(insert)

これまで見てきた users コレクションに新たなドキュメントを追加してみる

1
2
3
4
> db.users.insert({name:"sojiro_4", score:40});
WriteResult({ "nInserted" : 1 })
> db.users.find({name:"sojiro_4"});
{ "_id" : ObjectId("54a777d7a49abc8e743c71ac"), "name" : "sojiro_4", "score" : 40 }

JavaScriptの使用も可能

1
2
3
4
> db.users.insert({name:"sojiro_5", score: Math.floor(Math.random() * 100)});
WriteResult({ "nInserted" : 1 })
> db.users.find({name:"sojiro_5"});
{ "_id" : ObjectId("54a77886a49abc8e743c71ad"), "name" : "sojiro_5", "score" : 38 }

ドキュメントの更新(update)

MongoDBのupdateには少し癖がある。

更新するドキュメントが属するコレクションと、対象ドキュメントの条件を指定するところは直感的だが、特定のkeyのみupdateする場合は $set を使う必要がある。

1
2
3
4
5
6
> db.users.find({name:"sojiro_4"});
{ "_id" : ObjectId("54a777d7a49abc8e743c71ac"), "name" : "sojiro_4", "score" : 40 }
> db.users.update({name:"sojiro_4"}, {$set: {score:44}});
WriteResult({ "nMatched" : 1, "nUpserted" : 0, "nModified" : 1 })
> db.users.find({name:"sojiro_4"});
{ "_id" : ObjectId("54a777d7a49abc8e743c71ac"), "name" : "sojiro_4", "score" : 44 }

$set を使わずにupdateを実行すると、対象ドキュメントの内容全てが書き変わる

1
2
3
4
5
> db.users.find({name:"sojiro_4"});
{ "_id" : ObjectId("54a777d7a49abc8e743c71ac"), "name" : "sojiro_4", "score" : 44 }
> db.users.update({name:"sojiro_4"}, {score:100});
WriteResult({ "nMatched" : 1, "nUpserted" : 0, "nModified" : 1 })
> db.users.find({name:"sojiro_4"});

{name: "sojiro_4"} に該当するドキュメントが {score:100} に書き換えられたため、 {name:"sojiro_4"} では検索結果に出てこない

1
2
3
4
5
6
7
> db.users.find();
{ "_id" : ObjectId("54a3fd93ce8a5464641af4eb"), "name" : "sojiro", "score" : 10 }
{ "_id" : ObjectId("54a3fee1ce8a5464641af4ec"), "name" : "sojiro_1", "score" : 20 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ed"), "name" : "sojiro_2", "score" : 67 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ee"), "name" : "sojiro_3", "score" : 51 }
{ "_id" : ObjectId("54a777d7a49abc8e743c71ac"), "score" : 100 }
{ "_id" : ObjectId("54a77886a49abc8e743c71ad"), "name" : "sojiro_5", "score" : 38 }

ドキュメントの削除(remove)

1
2
3
4
5
6
7
> db.users.find();
{ "_id" : ObjectId("54a3fd93ce8a5464641af4eb"), "name" : "sojiro", "score" : 10 }
{ "_id" : ObjectId("54a3fee1ce8a5464641af4ec"), "name" : "sojiro_1", "score" : 20 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ed"), "name" : "sojiro_2", "score" : 67 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ee"), "name" : "sojiro_3", "score" : 51 }
{ "_id" : ObjectId("54a777d7a49abc8e743c71ac"), "score" : 100 }
{ "_id" : ObjectId("54a77886a49abc8e743c71ad"), "name" : "sojiro_5", "score" : 38 }

ドキュメントの削除には remove メソッドを使い、このメソッドには find メソッドと同じように条件を指定することができる

1
2
3
4
5
6
7
8
> db.users.remove({name:"sojiro_5"});
WriteResult({ "nRemoved" : 1 })
> db.users.find();
{ "_id" : ObjectId("54a3fd93ce8a5464641af4eb"), "name" : "sojiro", "score" : 10 }
{ "_id" : ObjectId("54a3fee1ce8a5464641af4ec"), "name" : "sojiro_1", "score" : 20 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ed"), "name" : "sojiro_2", "score" : 67 }
{ "_id" : ObjectId("54a40181ce8a5464641af4ee"), "name" : "sojiro_3", "score" : 51 }
{ "_id" : ObjectId("54a777d7a49abc8e743c71ac"), "score" : 100 }

以上MongoDBの基本的な操作

参照

ドットインストール

Comments