Sojiro’s Blog

This is nothing much.

Vagrant Provisioning の謎

Vagrant で立てた CentOS の仮想環境にちょっとした環境構築をしようと、provision ファイルを作って vagrant provision で実行しようとしたところ RVM のインストールから先が上手くいかなかった。

vagrant provision に関しては 過去のエントリ に記載があります)

provision ファイルの該当箇所は以下

1
2
3
4
5
6
# ruby and rails
curl -L https://get.rvm.io | bash -s
source ~/.profile

rvm requirements
rvm install 2.0.0 --with-openssl-dir=$HOME/.rvm/usr

上記コマンドのうち、

1
curl -L https://get.rvm.io | bash -s

だけが実行できているが、このコマンドの結果も意図したものとなっていない。 それ以降のコマンドは失敗する。

まだ原因は良くわかっていない。

  • RVM のインストール自体はできている
  • どのユーザー(vagrant? root?)で実行されているのか分からない
  • vagrant ユーザーに対しては rvm コマンドの path が通っているが、root ユーザーには通っていない
  • provision 実行のログ的には root で実行しているように見える
  • vagrant ssh して手動でコマンドを実行すると意図した結果になる

Comments