Sojiro’s Blog

This is nothing much.

パーフェクトJava読書メモ Chapter 7 インターフェース

Javaを使うために改訂2版 パーフェクトJavaを読んだメモ

クラスとインターフェースの違い

  • インターフェースは雛形としての役割を持たない
  • インターフェースは実体化できず、型定義に特化している
  • インターフェースの継承の目的は多様性のみ(クラスの拡張継承には実装コードの共有という側面もある)

インターフェース宣言

1
2
3
[修飾子] interface インターフェース名 {
    メンバ宣言
}

インターフェースの修飾子

modifier description
public グローバルにアクセス可(書かないとパッケージ内に限定)
abstract インターフェースは暗黙的に abstract なので書かなくても同じ
strictfp インターフェース内に記述した浮動小数点演算を厳密に評価
アノテーション 省略

インターフェースのメンバ

  • 抽象メソッド(実装なし)
  • default メソッド
  • static メソッド
  • 定数フィールド
  • static なネストしたクラス
  • static なネストしたインターフェース

メソッド宣言

modifier description
public 暗黙的に public なので書かなくても同じ
default デフォルトメソッド
static static メソッド
abstract 暗黙的に abstract なので書かなくても同じ
  • default メソッドはインスタンスメソッド
  • インターフェースを継承した具象クラスのインスタンスメソッドになる
  • フィールド変数は暗黙的に public static final

インターフェースと実装クラス

インターフェース継承

1
2
3
[修飾子] class クラス名 implements インターフェース名 {
    クラス本体
}

複数のインターフェースを同時に継承することができる

1
2
3
[修飾子] class クラス名 implements インターフェース名, インターフェース名 {
    クラス本体
}
  • クラスの拡張継承とインターフェースの継承を同時にできる
  • このとき implementsextends より後に書く
1
2
3
[修飾子] class クラス名 extends 親クラス名 implements インターフェース名 {
    クラス本体
}
  • インターフェースを継承したクラスはインターフェースの抽象メソッドをすべてオーバーライドする必要がある
  • インターフェースから継承したメソッドのアクセス制御は public 修飾子がないとコンパイルエラー
  • メソッドのオーバーライドはクラスの拡張継承と同様に行う

ネストしたインターフェース

  • クラス内のネストしたインターフェース
    • public protected 無指定 private のいずれかを指定する
  • インターフェース内のネストしたインターフェース
    • 常に public
  • インターフェース内のネストしたクラス
    • 常に public かつ static
  • ネストして宣言されたインターフェースは常に static

インターフェース自体の拡張継承

  • インターフェースも拡張継承できる
  • インターフェースは複数の親インターフェースを指定可能
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
interface Parent {
    void print();
}

interface Child extends Parent {
    // void print() を継承
}

interface Father {
    void print();
}

interface Mother {
    void exec();
}

interface Child2 extends Father, Mother {
    // void print(), void exec() を継承
}

参照

改訂2版 パーフェクトJava

Comments