Sojiro’s Blog

This is nothing much.

パーフェクトJava読書メモ Chapter 10 Javaプログラムの実行と制御構文

Javaを使うために改訂2版 パーフェクトJavaを読んだメモ

条件分岐

if-else文

インデントの取り方に関係なく else は最も近い(直近の) if にかかる

switch-case文

1
2
3
4
5
6
7
8
switch() {
case 定数1:
    0個以上の文
case 定数N:
    0個以上の文
default:
    0個以上の文
}

式の評価値は以下

  • int 型
  • int 型に暗黙に型変換される型
    • char
    • byte
    • short
  • 数値ラッパークラス
    • Integer
    • Character
    • Byte
    • Short
  • enum 型
  • String 型

式が null になると NullPointerException が発生する

break; 文がない限り処理を続ける

1
2
3
4
5
6
7
8
9
int i = 0;
switch (i) {
    case 0:
        System.out.println(0);
    case 1:
        System.out.println(1);
    default:
        System.out.println("default");
}
1
2
3
0
1
default

繰り返し

for文

1
2
3
for (初期化式; 条件式; 更新式) {
    
}

条件式は評価値が boolean もしくは Boolean

初期化式と更新式は複数の式を , で区切って書ける

1
2
for (int i = 0, j = 0; (i < 10 && j < 10); i++, j++) {}

異なる型の宣言と初期化を並べるとエラー

1
2
for (int i = 0, byte j = 0; (i < 10 && j < 10); i++, j++) {}

for文の外に出して回避

1
2
3
4
int i;
byte j;
for (i = 0, j = 0; (i < 10 && j < 10); i++, j++) {}

ジャンプ

break文

  • ループを抜ける
  • ループがネストしている場合、抜けるのは内側のループのみ

continue文

  • ループ内の文をスキップしてループの条件式の評価に戻る

ラベル

  • 繰り返しにラベルをつける
  • break文、continue文にラベルを渡すことでどの繰り返しを対象にするか定める
1
2
3
4
5
6
target_loop:
while (true) {
    while (true) {
        break target_loop;
    }
}
  • 外側の while ループに target_loop というラベルがつく
  • break target_loop で外側の while ループを抜ける
  • continue の場合は対象のループ内の文をスキップして条件式の評価に戻る)

参照

改訂2版 パーフェクトJava

Comments