SlackにBotを入れたいと思い、少し調べてみたところHUBOTがやはり簡単らしいのでやってみた

HUBOT用のAPI Tokenを取得する

まずはSlackのチームメニューからConfigure Integrationsを選択

{% img /images/slack_hubot/team_menu.png %}

様々な外部サービスとの連携メニューからHUBOTを選択する

{% img /images/slack_hubot/add_hubot.png %}

追加するbotの名前を入力

{% img /images/slack_hubot/set_botname.png %}

ここまでのステップを踏むとAPI Tokenが記されたページが表示される

そしてこの段階でbotがSlackにjoinする

{% img /images/slack_hubot/join_bot.png %}

HUBOTの設定をする

HUBOTを使ったirc-bot作成メモopen in new windowにも記したHUBOTのセットアップを進める。

HUBOTを使ったirc-bot作成メモopen in new windowの「②HUBOTをインストールする」までを済ませておく。

新たなbotの生成

$ hubot --create slack_sojiro_test
1

slack用のpluginをインストール

$ cd slack_sojiro_test/
$ npm install hubot-slack --save
1
2

起動用スクリプトの作成。先ほど取得したAPI Tokenを使用する。

$ vim runhubot
$ cat runhubot 
#!/bin/bash

export HUBOT_SLACK_TOKEN=xxxx-123456789-ABCDEFGHIJKLMN
export HUBOT_SLACK_TEAM=Sojiro-test
export HUBOT_SLACK_BOTNAME=test-bot

bin/hubot --adapter slack
$ chmod u+x runhubot
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

botの起動

$ ./runhubot
1

これでSlack上のbotがHUBOTのスクリプトに沿って反応するようになったはず

botを使ってみる

HUBOTではデフォルトでいくつかのスクリプトが用意されているので使って試してみる

ping

生存確認

{% img /images/slack_hubot/ping.png %}

image me

画像検索

{% img /images/slack_hubot/image_me.png %}

animate me

アニメーション検索

{% img /images/slack_hubot/animate_me.png %}

youtube me

動画検索

{% img /images/slack_hubot/youtube_me.png %}

translate me

翻訳(日本語から英語)

{% img /images/slack_hubot/translate_me_1.png %}

翻訳(英語から日本語)

{% img /images/slack_hubot/translate_me_2.png %}

map me

地図検索

{% img /images/slack_hubot/map_me.png %}

参照

Last Updated:
Contributors: sojiro14